ファミリーコンピュータ その1

子供の頃のゲームは1日1時間までのルールが懐かしいファミコンですが、先日ふと思い出しました。

また遊んでみたいなと思い、保管していた引き出しを見るとファミコン本体カセット(29本)のみになっていました。
ケーブル類が見当たりません…。
おそらくスーパーファミコンと一緒に貸し出したままか、当時のテレビと一緒に破棄したかだと思います。orz

少し調べてみると、ACアダプタRFスイッチアナログ放送に対応したテレビがあれば遊べるようです。


早速動作確認のため互換品のACアダプタを買ってみました。
スーパーファミコンでも使えるようです。
価格は送料込みで1,163円でした。
早速繋いでみましたが、確認が出来ません…。
LED等が無いため壊れてないかの確認はできませんでした。
買う前に気づくべきでした…。orz


しばらく(3日程度)悩みましたが、RFスイッチを購入しました。
何がスーパーかわかりませんが、価格は2,980円でした。
こちらも早速繋いでみました。
ビデオ2で表示されるイメージだったのですが、表示されません。
接触不良等を確認しましたが、原因が見つかりませんでした。


もしかしてと思い、ビデオ1やアナログ放送と確認すると、アナログ放送の方で表示されました。\(^o^)/
最近のゲームに比べると画質は酷いですが、それはそれで良さがありますね。(^-^)
スーパーマリオブラザーズは今やっても結構難しいです。
バベルの塔が予想以上に難しくい…。(^_^;)

次回は映像のデジタル化に挑戦してみたいと思います。
ディスクシステムも欲しくなっちゃいました…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です